ノルレボと同じ性能でお求め安い価格のアイピルって知ってる?

ノルレボジェネリックのアイピル

緊急避妊薬、いわゆるアフターピルですが、ヤッペ法とノルレボ法という服用方法の異なるふたつの種類に大別されます。
ここでは、現在の主流であるノルレボ法にスポットを当ててみたいと思います。

ノルレボ法のアフターピルによる緊急避妊では、性交渉から72時間以内にノルレボ錠2錠を服用します。
有効成分であるレボノルゲストレルは、人口的に合成された黄体ホルモン(卵巣で作られるホルモン)のようなものです。これにより大量の疑似的な女性ホルモンが摂取されることで、ホルモンのバランスは一時的に乱されます。
乱されたホルモンのバランスによって、子宮内膜は強瀬的に剥がれ落ち、これにより受精卵が着床できなくなります。
服用後、数日から3週間ほどで出血が見られますが、レボノルゲストレルの作用で子宮内膜が剥がされたための症状です。
このように出血が見られた場合、避妊は成功していると言えます。

副作用にはめまいや吐き気、むくみ、下腹部の痛みなどが挙げられています。
また、アフターピルに限らず、血液を凝固させ血栓を作る作用がピルにはあり、心臓などの循環器系には負担がかかります。
このために、高血圧症の方や喫煙習慣のある方はピルを服用することを控えた方がよいとされます。
日本ではアフターピルの処方が保険の適用外となり、産婦人科などでは1錠あたりおよそ15000から20000円程と高額になります。

しかしリーズナブルな海外ジェネリックも流通しています。
海外のジェネリックで有名なものには、インドのジェネリック薬品筆頭メーカーである、シプラが製造するアイピルがあります。
海外通販サイトなどでは1錠およそ1000円前後で購入できるアイピルは、緊急時の保険としてもお勧めで、世界中で人気の避妊薬です。
アイピルも含め、アフターピルは低用量ピルよりも身体への負担があります。
なるべくなら緊急用の避妊薬として、通常は低用量ピルなどによる計画性のある避妊をするようにしたいものです。